ARTEVEKTOR

音楽、絵画、ダンス、映像、写真、その他の総合アートイベントです。

   ARTEVEKTORは年1〜3回程度の大型イベントとして、大勢の人が参加出来るよう開催しています。  

1つ前の日記にも書きましたが、昨日はお疲れさまでした。

イベント終了後に、セッションハウスのスタッフの女性から、
(朝からずっと手伝ってくれていた人です。)
始めから見ていて非常に面白かったという事と、
あれだけ大勢が出演しているのに、
殆どタイムテーブルがずれずに進んで行く事に驚いたという事、
今後もこういうイベントを是非ここで続けて欲しい、という感想をもらいました。

今回のARTEVEKTORに関してもいろいろ反省はありますが、
セッションハウスのスタッフからこういう感想をもらえたのは良かったと思います。

さて、いくつか軌道修正の話です。
___________________________________
・基本的にARTEVEKTORはエンターテイメントよりもアートのイベントです。

この事は第1回の始まる前からコンセプトとして提示していて、
出演者募集の告知にも毎回書き、
応募して来た人の面接でも毎回言うようにしているんですが、
それでもまだ伝わっていない感じがあります。

エンターテイメント性を無しにして欲しいわけではなくて、
それは勿論あって構わないんですが、
しかしあまりそちらに行き過ぎると、このイベントではそれは違うと思っています。

それではアートとはなんなんだ、という事ですが、
これは大勢の人が出演するイベントなので、
自分のアート観などを強く押し付けるつもりはありません。
ただ、ARTEVEKTORに繰り返し出演してくれている人の演奏や、
パフォーマンス、映像、展示など、
さらには主催者の自分の作品や演奏をもっと良く見てもらって、
個人個人で考えてもらえればと思います。

・演奏に関して

今回見ていて思ったのは、演奏に関しては、
初参加の人達がかなり頑張ってくれたという印象があります。
前回は逆に初参加の人達が、繰り返し参加している人達の演奏に、
なかなかついて行けない感じがいくつか見受けられたんですが、
今回はエレキバイオリンのまぎぃ君は、
特にあちこちから良かったという感想が来ているし、
ベースのヨコイさんなどもいい感じにハマっていたと思います。

2回以上参加している人達の演奏に関しては、
今回はasilileraちゃんが良かったという感想を繰り返し聞きました。
途中で行方不明になっちゃってましたが。
後は浅野さん、モッピー君、さらに他の人達も、
毎回いろいろ考えて演奏してくれているのがわかるし、
怠雅君もVEKTOR 11の件は置いといて、演奏自体は凄く好きなので、
まあ受付の横で寝てるのもちょっとどうかと思うけど、今後もよろしくお願いします。

・ダンスやパフォーマンスに関して

大体いつも思うんだけど、このイベントはステージ上が盛り上がり過ぎると、
逆に冷めてしまうお客さんが結構いる印象を受けます。
何かこう、お客さんが置いてけぼりになってしまう瞬間があると言うか。
これは勿論イベントの客層にもよるので、他のイベントであれば、
もっともっと盛り上げて、という感じになる場合もあると思うけど、
ARTEVEKTORの場合は過去5回開催して来て、
やはりあまりそういう感じではないので、
今後はもっとその辺りを突き詰めて行きたいと思っています。

いくつか具体的に書くと、例えば、小物を使うのを、
禁止にするつもりはないんですが、お菓子とかジュースやビールの缶とか、
あるいはあまりアート性のないマスクとか持って来られると、
やはり見栄えも良くないし、そういう方法論はあちこちでやられているので、
ARTEVEKTORで敢えてやる必要はないという印象を受けます。

マスクとか小物類も是非使いたいという人は、
事前にもっと自分に相談するとか、
毎回ARTEVEKTORに参加している仮面の中村君に仮面を借りるとか、
そういったこのイベントならではのやり方をもっと考えて欲しいです。

逆に小物とかには頼らず、身体の動きとかキレとか、
そういう日頃の積み重ねで勝負してくれているダンサーは、
このイベントではもっと前面に出して行きたいと思っています。
今回のARTEVEKTORで言えば、山田洋平君や斉藤真士君などには、
是非次回以降のARTEVEKTORのダンスについて、
今後いろいろと相談に乗って欲しいと思います。

・展示に関して

これは会場探しにも関わる事ですが、今回は展示面を縮小したので、
そうすると会場で長い時間を過ごすのが難しくなってしまい、
やはりこのイベントではもう少し大きい会場にして、
展示のスペースもきちんと取ってやりたいと思っています。

しかし、以前からずっと言っていますが、都内やその近郊に、
このイベントをやれるような会場がなかなかないので、その点は毎回悩んでいる事です。
いい会場を知っている人は教えてください。

・運営面に関して

今回もほぼタイムテーブル通り進みましたが、
スタッフ面は出来るだけ改善したいと思っているんですが、まだまだですね。

自分の身体が3つくらいあれば、1つは演奏とか展示とかに回して、もう1つは映像撮影をきちんとやって、さらにもう1つは運営に、としたいところですが、
そうも行かないので、とりあえず運営面だけでも、
自分の代わりを全部出来る人がいるといいんですが、
なかなか見つけられない状況です。

映像スタッフに関しては、高橋君、TSUBAKIさんは、
前回から続けての参加という事で、見ていて非常に安心感があり、
客席側から見ていても、映像に助けられている部分は繰り返しあったので、
今後も是非また手伝ってもらえればと思っています。

音響に関しても今回は米本さんや、その友人の石塚さんが、
本番中にかなり気を使ってやってくれたので、
前回はマイクのハウリングがかなりあったけど、今回はほぼ皆無だったし、
前回よりずっと良かったと思います。

ただ、VEKTOR 5でNS/Stickの関口君の音が、
客席側では全く聞こえていなかったので、そこだけはちょっと残念でした。
演奏の途中で調整室に自分で伝えに行こうかとも思ったんですが、、、。

・会場に関して

今回のセッションハウスに関しては、イベント前から協力的で、
終了後もスタッフの人にまたやって欲しいと言ってもらえて、
好印象ではあるんですが、じゃあ次回もここで、
というのはちょっと悩むところです。

セッションハウスは今回使用した地下スタジオだけでなく、
2階にギャラリースペースもあるので、
それを両方借りて開催するのも少し考えてはいるんですが、
ギャラリースペースは地下スタジオより狭いので、
やはりもう少し広いところがあるといいんだよね。

逆に出演者を減らしてARTEVEKTORではなく他のイベントをやるとか、
そういう形で使えたらいいのかな。
それに関しても少し考えてみたいと思います。

セッションハウス以外の会場で、
展示とライヴの両方を出来るいい会場があれば是非教えてください。
ARTEVEKTOR第2回と第4回を開催したZAIMの2Fは今は閉鎖されていて使えません。

一応候補としては、今回のセッションハウスと、
他には渋谷のシダックスホール、恵比寿のSPAZIO辺りを考えていますが、
シダックスホールとSPAZIOは下見や問い合わせもまだしていないので、
次回以降の会場は未定です。

今年は1回しかARTEVEKTORが出来なかったので、
次回は早めに会場を決めて、来年は2回は開催したいと思っています。

グッズ販売

5月 16th, 2009


Copyright © ARTEVEKTOR. All rights reserved.