ARTEVEKTOR

音楽、絵画、ダンス、映像、写真、その他の総合アートイベントです。

   ARTEVEKTORは年1〜3回程度の大型イベントとして、大勢の人が参加出来るよう開催しています。  

あらゆる動作を加速せよ

歩く時はもっと速く歩け
走る時はもっと速く走れ
食器を洗う時はもっと速く洗え
しかし乱雑にはするな

あらゆる動作を加速せよ

______________________________
15:30 <VEKTOR 4> 「あらゆる動作を加速せよ」 20分

<このVEKTORのテーマカラー> 紫

<音楽>
Terry Narui(Guitar&etc.)
及川禅(Guitar)

<ダンス>
DORCO(コンテ)
Lena(コンテ)
土田慎一(コンテ)

<VJ>
Osamucom
______________________________

______________________________
ARTEVEKTOR第7回 2010年12月11日(土)
「あらゆる動作を自覚せよ」

第1部「あらゆる動作を観察せよ」
 open13:30/start14:00/close16:30 前売2500円/当日3000円
第2部「あらゆる動作は思考である」
 open17:30/start18:00/close20:30 前売2500円/当日3000円
会場 東京都新宿区矢来町158 神楽坂セッションハウス

※第1部と第2部では出演者、内容が異なります。
基本的に全て即興の音楽とダンス、
そして映像のパフォーマンスアート公演です。
______________________________

前売券は公式サイトよりお求めください。

ARTEVEKTOR公式サイト
http://artevektor.com/

前売券販売ページの直接アドレス(携帯の人はこちらからどうぞ)
http://artmoving.cart.fc2.com/

セッションハウスで即興ダンスしませんか?
ARTEVEKTOR第7回の出演ダンサー募集します!! 2010/12/11(土)
 
今回はいつもと異なり、第1部と第2部に分け、出演はどちらか片方になります。
早めに応募してもらえれば、希望する方に出演できる形になりますので、
是非早めに連絡してもらえればと思います。
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
応募はmixiメッセージもしくは、PCメールにてお願いします。
mixi http://mixi.jp/show_friend.pl?id=162792
PCメール ARTEVEKTOR@me.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 
  
ソロダンスではなく、1人のダンサーにつき20分の即興パフォーマンスを1~2回です。
パフォーマンスをする時の音楽は全て即興での生演奏です。
 
_____________________________
ARTEVEKTOR第7回 2010年12月11日(土)
 
第1部 open13:00/start13:30/close17:00 前売2500円/当日3000円
第2部 open17:30/start18:00/close21:00 前売2500円/当日3000円
会場 東京都新宿区矢来町158 神楽坂セッションハウス
 
※第1部と第2部では出演者、内容が異なります。
出演は基本的にはどちらか片方のみとなります。
全て即興演奏の音楽とダンス、そして映像のパフォーマンスアート公演です。
_____________________________
 
基本ルールは3つ
・主宰者や他の出演者、スタッフと友好的に参加できる事
・途中キャンセルしない事
・きちんと告知に協力してもらえる事
 
参加費 5000円(チケットノルマなし/前払い)
キャッシュバックはチケット1枚目から1000円。
 
 
音楽出演 主宰者を含め10人程度
ダンス出演 20~30人程度
VJ(映像) 2~3人
 
公式サイト http://artevektor.com/
ARTEVEKTORコミュニティ http://mixi.jp/view_community.pl?id=166436
 
 
 
_____________________________
・基本的には出演者本人以外にはスタッフパスは出ません。
_____________________________
・イベント後にDVDの制作・販売をしたいと思います。
出演者には希望者全員に1枚500円で配布しますが、DVD出演のギャラ等は出ません。
また、イベント後に自分の出演シーンを削って欲しいなどの要求には応えられませんので、
その点をあらかじめ了解した上で今回のイベントに出演して下さい。
映像は基本的に全編をそのまま収録する方針です。
出演者が多いので、DVDの内容も出演者側の事前チェックは無しでこちらの判断で決めさせて頂きます。
DVD作成には時間がかかります。
イベント後すぐ配布というのは不可能ですので、その点もご了承ください。
_____________________________
・会場では写真の撮影もあります。
写真は公式サイトや今後の告知などで使用する事がありますが、その場合もギャラは発生しません。
_____________________________
・写真や映像の撮影はこちらで用意するスタッフのみ許可します。
一般客や、こちらで許可していない出演者やスタッフによる撮影は不可です。
_____________________________
・ドラッグの使用など、違法行為は禁止です。会場内での飲酒も禁止です。
_____________________________
・ダンサーの参加費は5000円(前払い)、簡単な審査と面接ありです。
出演は基本的には1日1回で20分の予定です。
キャッシュバックは前売、当日に関わらずチケット1枚につき1000円です。
_____________________________
・会場内は禁煙です。
_____________________________
・全て生演奏の即興演奏に合わせて踊るダンスです。音源持ち込み不可です。
_____________________________
・神楽坂駅より徒歩2~3分なので観客も呼びやすいと思います。
_____________________________
・今回は音楽2人、ダンス3~5人を基本にグループ分けします。
組合わせは主宰者側で全て決めます。
_____________________________
・ダンスのジャンルは特に指定はありませんが、コンテンポラリーダンス、
ジャズダンス、ベリーダンスなどが中心で、即興で踊れるダンサーを募集しています。
_____________________________
・音楽のジャンルは、一般的なジャズやフュージョンの即興ではなく、
民族音楽、ロック、アンビエント、ジャズ、その他の様々な要素が絡んだ、
ARTEVEKTORというイベントの独特なスタイルの即興演奏です。
_____________________________
・審査ありです。募集人数より応募が多い場合や、どうしてもイメージに合わない場合はお断りする事があります。
_____________________________
・質問などは自分(ARTEVEKTOR)宛にmixiメッセージやメールにて問い合わせて下さい。
_____________________________
・ダンサーはミュージシャンの許可を得ないままに楽器に触らないで下さい。
_____________________________
・出演者の組み合わせは、主宰者側で決めます。
_____________________________
・会場入り口や、受付付近などたむろしないで下さい。
_____________________________
・火の使用は全面的に禁止です。
_____________________________
・全裸パフォーマンスは禁止です。
_____________________________
・男性ダンサーの女装パフォーマンスは禁止です。
_____________________________
・ケガの危険のあるパフォーマンス、自傷行為を含むパフォーマンスなど禁止です。
_____________________________
・会場の床や壁、その他の備品などを破損したり汚したりする事も全面的に禁止です。
_____________________________
・ドタキャン禁止です。一度出演すると決めたら、きちんと当日出演出来る方を募集します。
_____________________________
・他の出演者および出展者やスタッフ、主宰者とは友好的にコミュニケーションを取れる方にお願いします。
_____________________________
・当日は第1部もしくは第2部の最初から最後まで会場にいるようにして下さい。
 
参考映像 ARTEVEKTOR第5回その他
http://artevektor.com/?page_id=16
 
 

シアター21フェス・アドヴァンス PAPPINPOSH CO.他を見てきた。
 
このところ色々とイベントに誘われてるけど、忙しくて行く余裕がなかなかない。
でも佑実ちゃん、カノさん、深堀さんの3段攻撃、じゃなくてお誘いが来たので行ってみた。
 
最初はそのPAPPINPOSH。
以前は進藤ゆりさんがよくパピポに参加してたけど、今回は深堀さんが参加。
佑実ちゃん、いいダンサー選ぶよね。(笑)
 
ダンスの方は佑実ちゃんらしいスピーディで賑やかな印象。
深堀さんがカノさんと格闘してたところとかちょっと面白かった。
 
それと深堀さん、側転がキレイだったね。
足が長いし、口紅塗ってたシーンも女優経験が出ていていい感じ。
あ、知らない人に説明すると、深堀さんは劇団東京乾電池で女優さんもやってる人です。
 
佑実ちゃんは少しビッチな感じがいいね。
会ってしゃべると優しい感じなのに、ステージ上だとちょっと悪そうな雰囲気。(笑)
 
もう1人の吉村悠里さんも初めて見た人だけど、なかなかいい感じのダンサーだったね。
 
 
2番目はMothers+喜納征一郎。
この喜納征一郎って人が作曲してるらしいんだけど、
クラシックをそのまま使ってるかのようなストリングスを多用したオリジナル曲だった。
でもよく聞くとあのストリングスはデジタルかなあ、
ちょっと聞いていて疲れる曲調だったな、
それと曲間のつなぎでプツッと雑音が入っていたり、
最後の曲の終わりもブツ切れっぽくなっていて、ちょっと雑な感じが勿体ない。
 
ダンスの方は衣装も踊りもキレイな感じで女性ダンサーたちが踊っていたけど、
少しバレエっぽいモダンダンスなのかな。
キレイだけど、何となく単調だった。
 
 
3番目はOrivum。
いかにも今風の男の子2人と、若い女の子が3人。
ダンスもまあ、そんな感じ。ポニーテールの子がちょっと良かったな。
 
 
休憩のあと4番目はlulu・blue。
お姉さん2人と若い女の子2人といった感じの組み合わせ。
イスを4つ使ってのダンスで、後半急に賑やかな音楽になってダンスもガラッと変わったけど、
前半の雰囲気との落差が大きくて、凄く違和感があって残念。
 
 
5番目。shoppin’g。
会場に着いてから知ったんだけど、
ARTEVEKTOR第5回に出ていた風ちゃんが出ていた。
他のメンバーもニチジョの子たちだったみたいで、
内容もやっぱりニチジョっぽい女の子らしい世界観。
 
駄々を捏ねるような台詞の繰り返しにちょっと食傷気味になったが、
繰り返し一番前の方で踊っていた小柄な子がかっこ良くて、退屈しなかった。
終わった後にその子にARTEVEKTOR第7回のダンサー募集のフライヤーを渡したけど、名前聞くの忘れた。。
 
 
最後、6番目。チーム松本。
これも若干モダンダンスっぽい感じかな? バレエっぽくはないけど。
何となく教室の発表会っぽい感じで、あまり印象に残らない感じだった。
1人、以前会ったことのあるダンサーがいたような気が。。
終演後のロビーには見当たらなかったので、確認できず。
 
 
 
ということで、俺の方はこのあと、9日に桜木町、
16日にフライング・ティーポットで「The Moving Tones」第12回、
31日に渋谷のsecoバーで「Real Nomad」、
11月7日はデザインフェスタ、そして、12月11日にARTEVEKTOR第7回!
珍しく予定がいっぱいだなあ。
 
デザインフェスタとARTEVEKTORはダンサー募集中なので、興味ある人は是非。
 
 

ARTEVEKTORの綴りを間違えてる人がちょっと多過ぎる。(笑)

18日にARTEVEKTOR第6回が終わったけど、その前後に色々な人のイベント告知やら感想やらを見ていたが、
ARTEVEKTORの綴りを間違えてる人があまりに多い。

2~3人じゃなくて10人以上間違えてる印象。
少し難しい綴りかもしれないけど、世の中にはヘプタパラパーシノク(Heptaparaparshinokh)とか、
アイエイオイウオア(Aieioiuoa)とか、もっとややこしい造語がたくさんあるので、これくらいはあまり間違えないで欲しいところ。

ARTEVEKTOR

なので、よろしくです。

一番多い間違いは、KをCにしちゃってるパターン。

× ARTEVECTOR
○ ARTEVEKTOR

意外に見かけるのがVをBにして、KをCにしてるパターン。

× ARTEBECTOR
○ ARTEVEKTOR

たまに見かけるのが、1つ目のEが抜けてるパターン。
さらに、KをCにしてるパターン。

× ARTVEKTOR
× ARTVECTOR
○ ARTEVEKTOR

という事で、過去の間違いはもういいので、今後間違いのないようによろしくです。

ARTEVEKTOR
ARTE(究極の、芸術的な) イタリア語
VEKTOR(方向性、速度)  ドイツ語

VEKTORは英語のVECTORと同じ意味だが、
ドイツ語の綴りにしたのは、その方が見た目が鋭角的で自分のセンスに合う為。
(見た目がCは丸っこいけど、Kは鋭角的って話。)

こういったイベントのネーミングというのは、色々な意見があるだろうが、自分のスタンスとしては、
出来るだけ他にないもの、簡単過ぎず、それでいて長ったらしくないもの、というのを基本に考えている。

ARTEVEKTORの最初のネーミング案はART VECTORだったが、
これだと平凡だと感じたので、いろいろ考えた結果、ARTEVEKTORになった。

これだとARTEとVEKTORだけでなく、ART EVE KTORとも見え、
どことなくアダムとイヴも連想させるとその時に思った。

ARTEVEKTOR 公式サイト
http://artevektor.com/

ARTEVEKTOR 一般用コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=166436

ARTEVEKTOR 連絡用コミュ(関係者限定)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=495990

1つ前の日記にも書きましたが、昨日はお疲れさまでした。

イベント終了後に、セッションハウスのスタッフの女性から、
(朝からずっと手伝ってくれていた人です。)
始めから見ていて非常に面白かったという事と、
あれだけ大勢が出演しているのに、
殆どタイムテーブルがずれずに進んで行く事に驚いたという事、
今後もこういうイベントを是非ここで続けて欲しい、という感想をもらいました。

今回のARTEVEKTORに関してもいろいろ反省はありますが、
セッションハウスのスタッフからこういう感想をもらえたのは良かったと思います。

さて、いくつか軌道修正の話です。
___________________________________
・基本的にARTEVEKTORはエンターテイメントよりもアートのイベントです。

この事は第1回の始まる前からコンセプトとして提示していて、
出演者募集の告知にも毎回書き、
応募して来た人の面接でも毎回言うようにしているんですが、
それでもまだ伝わっていない感じがあります。

エンターテイメント性を無しにして欲しいわけではなくて、
それは勿論あって構わないんですが、
しかしあまりそちらに行き過ぎると、このイベントではそれは違うと思っています。

それではアートとはなんなんだ、という事ですが、
これは大勢の人が出演するイベントなので、
自分のアート観などを強く押し付けるつもりはありません。
ただ、ARTEVEKTORに繰り返し出演してくれている人の演奏や、
パフォーマンス、映像、展示など、
さらには主催者の自分の作品や演奏をもっと良く見てもらって、
個人個人で考えてもらえればと思います。

・演奏に関して

今回見ていて思ったのは、演奏に関しては、
初参加の人達がかなり頑張ってくれたという印象があります。
前回は逆に初参加の人達が、繰り返し参加している人達の演奏に、
なかなかついて行けない感じがいくつか見受けられたんですが、
今回はエレキバイオリンのまぎぃ君は、
特にあちこちから良かったという感想が来ているし、
ベースのヨコイさんなどもいい感じにハマっていたと思います。

2回以上参加している人達の演奏に関しては、
今回はasilileraちゃんが良かったという感想を繰り返し聞きました。
途中で行方不明になっちゃってましたが。
後は浅野さん、モッピー君、さらに他の人達も、
毎回いろいろ考えて演奏してくれているのがわかるし、
怠雅君もVEKTOR 11の件は置いといて、演奏自体は凄く好きなので、
まあ受付の横で寝てるのもちょっとどうかと思うけど、今後もよろしくお願いします。

・ダンスやパフォーマンスに関して

大体いつも思うんだけど、このイベントはステージ上が盛り上がり過ぎると、
逆に冷めてしまうお客さんが結構いる印象を受けます。
何かこう、お客さんが置いてけぼりになってしまう瞬間があると言うか。
これは勿論イベントの客層にもよるので、他のイベントであれば、
もっともっと盛り上げて、という感じになる場合もあると思うけど、
ARTEVEKTORの場合は過去5回開催して来て、
やはりあまりそういう感じではないので、
今後はもっとその辺りを突き詰めて行きたいと思っています。

いくつか具体的に書くと、例えば、小物を使うのを、
禁止にするつもりはないんですが、お菓子とかジュースやビールの缶とか、
あるいはあまりアート性のないマスクとか持って来られると、
やはり見栄えも良くないし、そういう方法論はあちこちでやられているので、
ARTEVEKTORで敢えてやる必要はないという印象を受けます。

マスクとか小物類も是非使いたいという人は、
事前にもっと自分に相談するとか、
毎回ARTEVEKTORに参加している仮面の中村君に仮面を借りるとか、
そういったこのイベントならではのやり方をもっと考えて欲しいです。

逆に小物とかには頼らず、身体の動きとかキレとか、
そういう日頃の積み重ねで勝負してくれているダンサーは、
このイベントではもっと前面に出して行きたいと思っています。
今回のARTEVEKTORで言えば、山田洋平君や斉藤真士君などには、
是非次回以降のARTEVEKTORのダンスについて、
今後いろいろと相談に乗って欲しいと思います。

・展示に関して

これは会場探しにも関わる事ですが、今回は展示面を縮小したので、
そうすると会場で長い時間を過ごすのが難しくなってしまい、
やはりこのイベントではもう少し大きい会場にして、
展示のスペースもきちんと取ってやりたいと思っています。

しかし、以前からずっと言っていますが、都内やその近郊に、
このイベントをやれるような会場がなかなかないので、その点は毎回悩んでいる事です。
いい会場を知っている人は教えてください。

・運営面に関して

今回もほぼタイムテーブル通り進みましたが、
スタッフ面は出来るだけ改善したいと思っているんですが、まだまだですね。

自分の身体が3つくらいあれば、1つは演奏とか展示とかに回して、もう1つは映像撮影をきちんとやって、さらにもう1つは運営に、としたいところですが、
そうも行かないので、とりあえず運営面だけでも、
自分の代わりを全部出来る人がいるといいんですが、
なかなか見つけられない状況です。

映像スタッフに関しては、高橋君、TSUBAKIさんは、
前回から続けての参加という事で、見ていて非常に安心感があり、
客席側から見ていても、映像に助けられている部分は繰り返しあったので、
今後も是非また手伝ってもらえればと思っています。

音響に関しても今回は米本さんや、その友人の石塚さんが、
本番中にかなり気を使ってやってくれたので、
前回はマイクのハウリングがかなりあったけど、今回はほぼ皆無だったし、
前回よりずっと良かったと思います。

ただ、VEKTOR 5でNS/Stickの関口君の音が、
客席側では全く聞こえていなかったので、そこだけはちょっと残念でした。
演奏の途中で調整室に自分で伝えに行こうかとも思ったんですが、、、。

・会場に関して

今回のセッションハウスに関しては、イベント前から協力的で、
終了後もスタッフの人にまたやって欲しいと言ってもらえて、
好印象ではあるんですが、じゃあ次回もここで、
というのはちょっと悩むところです。

セッションハウスは今回使用した地下スタジオだけでなく、
2階にギャラリースペースもあるので、
それを両方借りて開催するのも少し考えてはいるんですが、
ギャラリースペースは地下スタジオより狭いので、
やはりもう少し広いところがあるといいんだよね。

逆に出演者を減らしてARTEVEKTORではなく他のイベントをやるとか、
そういう形で使えたらいいのかな。
それに関しても少し考えてみたいと思います。

セッションハウス以外の会場で、
展示とライヴの両方を出来るいい会場があれば是非教えてください。
ARTEVEKTOR第2回と第4回を開催したZAIMの2Fは今は閉鎖されていて使えません。

一応候補としては、今回のセッションハウスと、
他には渋谷のシダックスホール、恵比寿のSPAZIO辺りを考えていますが、
シダックスホールとSPAZIOは下見や問い合わせもまだしていないので、
次回以降の会場は未定です。

今年は1回しかARTEVEKTORが出来なかったので、
次回は早めに会場を決めて、来年は2回は開催したいと思っています。

「The Moving Tones」第9回 タイムテーブル 「The Moving Tones」第9回フライヤー画像

「The Moving Tones」第9回フライヤー画像

The Moving Tones vol.9

<ライヴ>2009年7月18日(土)open17:00/start17:30/close21:30

7月19日(日)open16:30/start17:00/close21:00 2000円(1drink)

<展示>2009年7月15日(水)〜20日(月)11:00〜22:00 火曜定休

 
会場 練馬区栄町27-7榎本ビルB1 江古田フライング・ティーポット
交通 西武池袋線の江古田駅から徒歩5分程度。03-5999-7971

<出演者>
7/18(土)
________________________
ARTEVEKTOR(シンセ/ダラブッカ)
Terry Narui(Steel Pan)
山崎怠雅(ギター)
浅野廣太郎(サックス)
NAOTOBaBa(タブラ)
asililera(Voice)
及川禅(ギター)
Nao(ベリーダンス)
SHRI(ベリーダンス)
yukkey(FreeStyle)
めこ(Conte/舞踏)
________________________

7/19(日)
________________________
ARTEVEKTOR(シンセ/ダラブッカ)
米本実(シンセ/自作楽器)
本橋HAL彦(TAO/WAVEDRUM)
尾上祐一(回擦胡/リボンコントローラー)
矢竹拓(ディジュリドゥ)
異常奏者(自作楽器ゴッドハンド)
ゆっぴ(テルミンダンス)
Vizry(ベリーダンス)
堀田望(African/FreeStyle)
山田洋平(Conte)
矢島みなみ(Conte)
________________________

7/15(火)〜7/20(月)
________________________
<展示>
ARTEVEKTOR(絵画)
匿名の仮面:勇(仮面)
miwami(絵画)
本橋HAL彦(写真)
梶 雅達(写真)
網野目誠一(写真)
伊藤明子(写真)
黒羽由架(絵画)

ARTEVEKTORの仲間で、

デザインフェスタに出展します。

ブース番号 B-0284、0285、0286、0279

<会場>
東京ビッグサイト 西2ホール
りんかい線の国際展示場駅、
ゆりかもめの国際展示場清門駅より徒歩数分。



画像クリックで拡大します。

<展示販売>

<ブース番号 B-0284>
ARTEVEKTOR(絵画/写真/音楽)  ブースの2/3
Luca(絵画)       ブースの1/3


<ブース番号 B-0285> 1/3ずつで
梶 雅達(写真)
米本実(ヨネミン他)
中村春日(絵画)


<ブース番号 B-0286>
網野目誠一(写真)のグループ


<ブース番号 B-0279>
匿名の仮面:勇(仮面)


会場内での演奏やダンスのパフォーマンスも

予定しています。

<パフォーマンス参加予定者>
浅野廣太郎(サックス)
Terry Narui(エレクトリック・シタール)
矢竹拓(ディジリドゥ)
ゆっぴ(テルミンダンス)
堀田望(African/FreeStyle)
三膳由子(コンテ/ジャズ)


ARTEVEKTOR(ダラブッカ?) 展示販売のブースにいるかも
米本実(ヨネミン?)  展示販売のブースにいるかも

LightboxとHighslide、どっちが好きですか?

Lightbox


Highslide


Highslide JS

画像を動かせます。マウスでドラッグしてみて下さい。
画像をクリックすると元の画像に戻ります。

Highslideはこういう事も出来るよ。
スライドショーも出来るけど、イマイチ。


Highslide JS

Highslideはこうやって、説明文の中に画像を突っ込んだりとか無茶な事も出来るよ。
Maki-Long
長い文章も書けるね。

ARTEVEKTOR 第4回 VEKTOR 12

2008/12/7 撮影 網野目誠一
Photos Are Not For Copy.

写真の転載や無断使用、二次使用などは不可とします。
事後承諾はしませんので、無断で使用して後で許可を求めるというような事もしないで下さい。

 

13:30<VEKTOR 12>20分
<音楽>
浅野廣太郎(Sax) 昆布(トランペット)
ゆっぴ(テルミンダンス)
<ダンス>
真我神(Breakin’Conte) 堀田望(African/FreeStyle)
saamiya(地唄舞/BerryDance)

<VJ(映像)>
高橋亮太 VJ TSUBAKI

<映像素材の絵画(Art Material)>
ARTEVEKTOR







ARTEVEKTOR 第4回 VEKTOR 23

2008/12/7 撮影 網野目誠一
Photos Are Not For Copy.

写真の転載や無断使用、二次使用などは不可とします。
事後承諾はしませんので、無断で使用して後で許可を求めるというような事もしないで下さい。

 

20:00<VEKTOR 23>30分
ARTEVEKTOR第2回の2日目の出演者有志全員で。

<VJ(映像)>
高橋亮太 VJ TSUBAKI

<映像素材の絵画(Art Material)>
ARTEVEKTOR










Copyright © ARTEVEKTOR. All rights reserved.